西武2000年以降振り返り①(2000〜2004)

こんにちは、野球好き大学生です。

 

今日からは2000年以降12球団がどんな流れだったのか振り返っていきたいです。ちなみにプロ野球を見始めたのが2003年くらいからなので2000〜2002あたりは推測も多くなります。ご了承ください。

 

さて昨日ソフトバンクの日本一が決まったのでパリーグ1位の西武からいきたいです。

 

2000年 2位

1 中 小関竜也 262 1 32

2 遊 松井稼頭央 322 23 90

3 三 フェルナンデス 327 11 74

4 DH  ジェファーソン 260 10 48

5 一 鈴木健 249 6 52

6 右 垣内哲也 233 13 51

7 左 高木大成 234 9 44

8 捕 伊東勤 212 5 19

9 二 玉野宏昌 209 2 13

P    先発

      松坂大輔 14ー7 3.97

  西口文也 11ー5 3.77

  石井貴 10ー7 4.31

  許銘傑 6ー7 4.57

  中継ぎ

  豊田清 26 3.80

  西崎幸広 22 3.81

  潮崎哲也 24 2.85

  橋本武広 65 3.00

  土肥義弘 55 2.90

  デニー友利 48 3.30

  抑え

  森慎二 58 23 1.83

こんな感じだったようです。ややジェファーソンが期待外れに終わってしまった感がありそこが2位になってしまった原因だったのでしょうか。あとは20ホームラン以上打った選手が松井稼頭央のみでやや長打力不足だったのかもしれません。投手陣は10勝投手が松坂、西口、石井の3人、中継ぎ、抑えとある程度安定した投手の枚数はいた模様です。

 

2001年 3位

1 中 柴田博之 265 3 28

2 右 小関竜也 280 3 38

3 遊 松井稼頭央 308 24 76

4 一 カブレラ 282 49 124

5 三 マクレーン 247 39 87

6 DH   鈴木健 252 18 51

7 左 和田一浩 306 16 34

8 捕 伊東勤 203 2 20

9 二 高木浩之 286 0 7

P    先発

  松坂大輔 15ー15 3.60

  西口文也 17ー9 4.35

  許銘傑 11ー6 3.47

  石井貴 5ー9 3.76

  中継ぎ

  三井浩二 29 5.22

  後藤光貴 35 2.49

  森慎二 28 3.91

  青木勇人 46 2.96

  橋本武広 60 3.06

  デニー友利 54 3.83

  水尾義孝 48 3.99

  抑え

  豊田清 47 28 2.83

 

前年に課題だった長打力はカブレラマクレーンの両大砲の加入で完全に解消。カブレラが49ホームラン、マクレーンが39ホームランは期待以上だったのではないでしょうか。またこの時期は和田のデビュー年でもあったようですね。ピッチャーも10勝投手が松坂、西口、許の3人とそれなりには勝てた模様。中継ぎも枚数が多く、抑えはこの年から豊田になったようです。

 

2002年 1位

1 遊 松井稼頭央

2 右 小関竜也

3 中 宮地克彦

4 一 カブレラ

5 左 和田一浩

6 DH  鈴木健

7 三 エバンス

8 捕 伊東勤

9 二 高木浩之

P    先発

  西口文也

  張誌家

  許銘傑

  石井貴

  松坂大輔

  中継ぎ  

  三井浩二

  青木勇人

  土肥義弘

  森慎二

  抑え

  豊田清

 

この年の優勝はやはり打線の力だったようですね。マクレーンは離脱したようですが、カブレラが当時日本記録の55ホームラン、松井と和田が30ホームラン以上、途中加入のエバンスも機能し、マクレーンの穴を埋めた感じみたいです。さらに3割打者も松井、小関、カブレラ、和田の4人、和田が完全にブレークした年でしょうか。投手陣は松坂が本来の力を発揮できなかったようですが、西口、張の2人が10勝以上と三井も先発と中継ぎフル稼働で10勝を挙げています。中継ぎでは森が最優秀中継ぎ、豊田が最優秀救援投手のタイトルを獲得し、勝ちパターンが強力だったと言えるでしょう。

 

2003年 2位

1 遊 松井稼頭央

2 中 小関竜也

3 左 和田一浩

4 一 カブレラ

5 三 マクレー

6 右 大島裕行

7 DH  後藤武敏

8 捕 細川亨

9 二 高木浩之

P    先発

  松坂大輔

  後藤光貴

  張誌家

  西口文也

  中継ぎ

  三井浩二

  帆足和幸

  長田秀一郎

  森慎二

  抑え

  豊田清

 

この年も強力打線は健在でカブレラが50ホームラン、30ホームラン以上が松井と和田、マクレーンが26ホームランと長打力は申し分なし、3割バッターもカブレラ、松井、和田と3人おり、大島、後藤武敏といった、これからの打線を担いそうな選手がスタメンで出ることも多かった印象です。投手陣は松坂が復活しましたが、西口がやや期待外れとなり、ここが優勝を逃した要因かもしれませんね。10勝以上が松坂と後藤光貴、先発と中継ぎでフル稼働の三井の3人、森と豊田が2年連続で同タイトルを獲得し、勝ちパターンは健在だったようです。

 

2004年 2位

1 右 佐藤友亮

2 中 赤田将吾

3 三 フェルナンデス

4 一 カブレラ

5 左 和田一浩

6 DH  貝塚政秀

7 遊 中島裕之

8 捕 細川亨

9 二 高木浩之

P   先発

 松坂大輔

 張誌家

 西口文也 

 帆足和幸

 中継ぎ

 大沼幸二

 許銘傑

 星野智樹

 抑え

 豊田清

 

この年はレギュラーシーズンは2位でしたが、プレーオフダイエーに勝ち、日本シリーズに進出して日本一となりました。しかし、カブレラが前半戦の大半を離脱していたことはやはり痛かったようですね。それでも新加入のフェルナンデスや和田の安定、カブレラも復帰後は存在感を示し、さらに貝塚、中島、細川あたりが出てきた年となりました。特に中島は、松井が抜けた後にすぐに穴を埋めました。期待以上の活躍だったのではないでしょうか。ピッチャーも松坂、西口、帆足が10勝を挙げ、張も9勝を挙げました。中継ぎの柱は星野1本だったような感じですが、抑えの豊田は0点台の防御率をマークし、さらに安定感を増しました。

 

ここまでが2000〜2004です。推測などもあるので間違っているかもしれませんがご了承ください。

次回は2005〜2009について振り返っていきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。