DeNA2000年以降振り返り①

こんにちは、野球好き大学生です。

 

今回はDeNAの2000〜2004年を振り返っていきたいです。

 

2000年 3位

1 遊 石井琢朗 302 10 50

2 三 金城龍彦 346 3 36

3 左 鈴木尚典 297 20 89

4 二 ローズ 332 21 97

5 中 中根仁 325 11 61

6 右 佐伯貴弘 259 6 52

7 一 駒田徳広 258 4 34

8 捕 谷繁元信 251 9 44

9 投手

P  先発

 三浦大輔 11ー6 3.22

 小宮山悟 8ー11 3.96

 川村丈夫 7ー12 5.06

 斎藤隆 6ー10 5.52

 細見和史 5ー3 3.34

 野村弘樹 2ー8 4.38

 中継ぎ

 河原隆一 47 3.47

 森中聖雄 53 2.38

 福盛和男 40 3.58

 抑え

 木塚敦志 46 18 2.89

 

この年は3位となりました。特に打線が強力な印象でした。野手では、やはりローズが軸でした。ローズは、打率332、21本と好成績を残し、最多安打のタイトルも獲得しました。さらに鈴木尚も20本塁打最多勝利打点のタイトルも獲得し、勝負強さを発揮しました。金城が打率346で首位打者を獲得した他、新人王も取りました。石井琢も打率3割をクリアし、盗塁王も獲得しました。中根も規定打席には未到達ながら、打率3割に11本と好成績をマークしました。一方、ピッチャー陣は、三浦が11勝でチーム唯一の二桁勝利を達成し、次いで、小宮山が8勝、川村が7勝、斎藤が6勝、細見が5勝とまずまず先発陣は揃っていました。野村が巻き返したいところです。中継ぎは、河原、森中、福盛が中心となり、まずまず安定した投球を見せました。抑えは、主に木塚が務め、18セーブを挙げました。

 

2001年 3位

1 遊 石井琢朗 295 8 36

2 中 金城龍彦 271 3 49

3 右 佐伯貴弘 302 14 73

4 左 鈴木尚典 315 6 57

5 三 小川博文 264 15 65

6 一 ズーバー 310 2 27

7 二 ドスター 272 9 27

8 捕 谷繁元信 262 20 70

9 投手

P  先発

 小宮山悟 12ー9 3.03

 三浦大輔 11ー6 2.88

 川村丈夫 6ー6 4.18

 バワーズ 3ー13 4.39

 野村弘樹 4ー5 4.44

 中継ぎ

 森中聖雄 35 5.23

 竹下慎太郎 53 3.16

 中野渡進 63 2.61

 木塚敦志 69 2.48

 抑え

 斎藤隆 50 27 1.67

 

この年は3位となりました。この年はどちらかと言えば投手の力でAクラスを勝ち取ったシーズンでした。野手では、ローズが抜け、新外国人選手がローズの穴をどの程度埋められるかが鍵でしたが、ズーバーとドスター共に打率は結構良かったですが(規定打席未到達ながらズーバーは3割をクリア)、長打力には欠けました。鈴木尚が打率315、佐伯も打率3割をクリアし、規定打席に到達して打率3割をクリアした選手はこの2人でした。谷繁が20本塁打を放ち、20本をクリアしました。小川が15本、佐伯が14本で二桁本塁打を達成しました。金城もまずまずの成績でしたが、前年首位打者を獲得したこともあり、打率3割を最低ラインとしていきたいところですね。一方、ピッチャー陣は、小宮山が12勝、三浦が11勝で2人が二桁勝利を達成しました。川村が6勝しましたが、バワーズは期待外れに終わり、先発陣の枚数はもう1〜2枚欲しいところです。中継ぎは、木塚、中野渡が軸となり、木塚は最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得しました。竹下も頑張りましたが、森中は防御率5点台とやや苦しみました。抑えは、斎藤が務め、防御率1.67、27セーブと活躍しました。

 

2002年 6位

1 遊 石井琢朗 274 8 49

2 二 種田仁 252 5 29

3 左 鈴木尚典 282 9 42

4 右 ロドリゲス 262 18 60

5 一 小川博文 261 7 44

6 三 グラン 226 10 34

7 中 金城龍彦 170 0 13

8 捕 中村武志 201 5 19

9 投手

P  先発

 吉見祐治 11ー8 3.64

 ホルト 6ー10 3.57

 三浦大輔 4ー10 3.23

 バワーズ 4ー8 3.77

 グズマン 5ー5 2.79

 中継ぎ

 竹下慎太郎 44 4.81

 福盛一夫 33 2.96

 抑え

 斎藤隆 39 20 2.45

 

この年は6位となってしまいました。野手では、ロドリゲスが18本塁打でチーム最多本塁打、グランが10本で2人が二桁本塁打を達成しました。ロドリゲスはまずまずでしたが、グランはやや期待外れに終わりました。石井琢鈴木尚はまずまずでしたが、小川と金城がやや期待外れに終わりました。種田ももう少し上積みしたいところです。また谷繁が移籍して正捕手不在となった中で中村が完全に正捕手とはなれませんでした。一方、ピッチャー陣は、吉見が11勝でチーム唯一の二桁勝利を達成した他、ホルトが6勝、グズマンが5勝しましたが、三浦とバワーズは4勝に終わり、誤算でした。中継ぎも福盛が軸として働きましたが、竹下が防御率4点台と苦しみ、枚数も不足していました。抑えは斎藤が務め、20セーブを挙げました。

 

2003年 6位

1 中 金城龍彦 302 16 40

2 遊 石井琢朗 231 6 26

3 左 鈴木尚典 311 19 57

4 一 ウッズ 273 40 87

5 右 多村仁 293 18 46

6 二 村田修一 224 25 56

7 三 古木克明 208 22 37

8 捕 中村武志 268 11 37

9 投手

P  先発 

 ドミンゴ 8ー12 4.69

 ホルト 5ー14 4.55

 斎藤隆 6ー7 4.18

 川村丈夫 5ー7 4.78

 三浦大輔 5ー5 4.09

 吉見祐治 3ー10 8.38

 中継ぎ

 田崎昌弘 39 4.06

 福盛和男 62 4.50

 加藤武治 44 2.77

 デニー友利 52 4.40

 抑え

 ギャラード 13 8 2.19

 

この年も6位となってしまいました。しかし、打線では明るい材料もありました。野手では、新加入のウッズが打線の軸となり、40本で本塁打王を獲得しました。またルーキーの村田が25本、古木が台頭して22本を放ち、20本塁打をクリアした選手が3人と長打力は格段に上がりました。また鈴木尚が19本、多村が18本金城が16本、中村が11本、出場機会が少ないながら佐伯も11本と二桁本塁打を達成した選手も数多くいました。鈴木尚と金城は打率3割もクリアしました。石井琢は巻き返したいところですね。一方、ピッチャー陣は、ドミンゴが8勝、斎藤が6勝、ホルト、川村、三浦が5勝で先発陣の数はまずまずいましたが、勝ち星はもう少し上積みしたいところです。吉見が巻き返したいところです。中継ぎは、加藤が中心となり頑張りましたが、デニー、福盛は防御率4点台と苦しみました。抑えは、ギャラード以外にもデニーなども務めましたが、1年間固定できずでした。

 

2004年 6位

1 遊 石井琢朗 295 10 43

2 三 種田仁 300 8 52

3 左 佐伯貴弘 322 19 57

4 一 ウッズ 298 45 103

5 中 多村仁 305 40 100

6 右 金城龍彦 302 13 52

7 二 内川聖一 287 17 45

8 捕 相川亮二 263 8 46

9 投手

P  先発

 マレン 7ー10 4.71

 三浦大輔 6ー8 4.25

 吉見祐治 7ー5 5.26

 セドリック 7ー4 3.54

 土肥義弘 5ー5 4.15

 中継ぎ

 木塚敦志 52 3.46

 川村丈夫 58 3.07

 加藤武治 43 3.92

 門倉健 42 4.60

 抑え

 佐々木主浩 25 19 3.18

 

この年も6位で3年連続で最下位となってしまいました。この年は投低打高といった感じでした。野手では、ウッズが45本103打点で2年連続で本塁打王を獲得しました。多村も打率305、40本100打点と大きく成績を伸ばし、打線の軸となりました。佐伯が19本、内川が17本、金城が13本、石井琢も10本で、出場機会が少ないながら、村田が15本、古木も11本を放ちました。数多くの選手が二桁本塁打を達成しました。多村以外に佐伯と種田も打率3割をクリアしました。またキャッチャーで相川が台頭し、正捕手候補の選手が新しく出てきました。一方、ピッチャー陣は、マレンと吉見、セドリックが7勝、三浦が6勝、土肥は5勝を挙げました。しかし勝ち数をもう一伸びさせたいところです。中継ぎは、木塚、川村、加藤が中心となりました。門倉も頑張りましたが、防御率4点台と苦しみました。抑えは復帰した佐々木が務め、19セーブを挙げました。

 

この5年間は、2000年と2001年は3位とAクラスでしたが、2002〜2004年は3年連続最下位となってしまいました。野手では新しい選手が育ってきましたが、先発でもう少し勝てる選手が出てきてほしいところです。

 

では、最後までご覧いただきありがとうございました。

次回もお楽しみに。